卵の殻がまるでカラフルな大理石のように大変身する『エッグシェルモザイクR』を独自開発。【アートは人生を楽しむ魔法】をテーマに、身近な素材から驚きの表現を探し出しています。


by uiko shinohara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

【おしらせ】


■レッスンのご案内■




【エッグシェルモザイク講座】



◆(入門)オリエンテーションレッスン
~エッグシェルモザイクでペンダントトップをつくる体験レッスン~(栃木県小山市)

◆(基礎)アドバイザーコース

~エッグシェルモザイクの作り方の基礎を学ぶ~
(年2~3回募集・土日2日間短期集中コース・栃木県小山市)

【現在準備中です】
◆中級・上級コース




■エッグシェルモザイクに関するご質問・ご連絡はメールにてお願いいたします。
⇒eggshellesperanza7@gmail.com


■ステンドグラスに関するお問い合わせはこちらへ

エスペランサステンドグラス工房&教室ブログ


■リンクについて
当ブログはリンクフリーです。どうぞどんどんリンクしてくださいネ。
コメント欄でご一報いただけると幸いです。


*写真やDMなどは、管理人が制作したもの、および、作者や著作権者に了解を得たもののみ表示させて頂いていますので、無断転載、使用はお断り申し上げます。ご入用の際は管理人までご連絡ください。

【手作り市場 あ~てぃすと】手作り・アート系のサーチ

カテゴリ

全体
ご挨拶/About us
エッグシェルモザイク講座
作品ギャラリー/Works
tetote/How to buy
お客様ご連絡/For Custmer
ラテアート
フュージング/Glass fusing
ガラスが切れたらできること
ステンドグラス
ステンドグラス教室
foiling
楽しいクラフトチャレンジ
オイルペーパー
フレーミングアクセサリー
ステンドグラスブログへ
その他
ビジネス
2013日本ホビーショー
WordPress
アンティークペイント
未分類

記事ランキング

画像一覧

タグ

(79)
(78)
(62)
(60)
(46)
(32)
(30)
(27)
(26)
(20)
(17)
(15)
(13)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)

お気に入りブログ

かおる亭
東京都府中市・エスペラン...
お茶の時間にしましょうか...
季節の花々に癒されて
**おやつのお花** ...
幻に魅せられて…
糸巻きパレットガーデン
黒パグ CHAPPYの成...
*花音の調べ*
3姉妹成長記録&手作りの...
デコデコスイーツ ねんど...
素顔のままで・・・
四 番 目 の 猫 Ta...
*Chi-i* hand...

最新のコメント

nendobuさん、あけ..
by esperanzaclassic at 11:47
明けましておめでとうござ..
by nendobu at 08:40
こんばんは。お返事が大変..
by esperanzaclassic at 23:52
2月の大宮でのオリエンテ..
by ちゃば at 15:12
オリエンテーションレッス..
by ちゃば at 11:54
新年明けましておめでとう..
by nendobu at 23:31
nendobuさん、いつ..
by esperanzaclassic at 02:02
御盛況だったのですね~!..
by nendobu at 13:18
nendobuさん~~~..
by esperanzaclassic at 18:52
待ってました!(*^▽^..
by nendobu at 13:14

ブログジャンル

ハンドメイド
アート・デザイン

同じ努力なのに、結果が雲泥の差なのはなぜ??


物を作って売る。
やっていることはみーんな同じ。
それでは、世界に名だたるユニクロとかスタバとかと、
小さな小さなハンドメイドの世界と、その違いは何?
って言ったら、
その努力を「どこで」「何を目標にして」「どう戦略を立てて」取り組むか。
という一点のみ、でした。
***********************************
f0242397_14012846.jpg

JETRO(日本貿易振興機構)の開催する無料セミナーに行ってきました。

今回はフランス市場開拓セミナーです。
フランスに興味が?
いいえ、ありません。
正直、対象国はどこでもよかったのです。
何しろ、海外に物やサービスを売るということについて、
右も左もわからないうちから、
海外の方からお問い合わせをいただいてしまったため、
とりあえず、基本の基本だけを押さえたい、
基本なら、どこの国が対象だろうと同じでしょ、という単純な発想で、
たまたま直近でこのセミナーがあったから、飛び込んでみました。

JETROって、政府機関です。
国が、海外に進出したい企業を支援しているわけです。

だから、独立系のコンサルタントに何万円も払って、
なんだかつかみどころのない情報を得て迷路にはまり込むより、
もっと正確で実務的な情報が得られるかもしれない。

でもきっと、大きな会社のサラリーマンとかが対象なんだろうな。
きっとめっちゃ浮くだろうなあ。
いやだけど、いまさらスーツなんて着れないし(主にサイズ的な問題が・・・)
パンプスなんてはけないし(育児の幅広足になってもはや入らない)

でも、このセミナー、タダだし。

っていうことは。
国が外貨獲得のため、海外に進出する企業を全面的に応援してくれてるっていうことよね。

そして、絶対に会場にはJETROの職員さんがいるはずだから
今後のためにも顔見知りになって
名刺交換だけでもできれば良しとしよう!

というわけで、
「恥なんてかいてから後悔しよう」をモットーに
行ってきましたよ~
ラクラクワイドパンツにユニクロ着て。

いやー、びっくりしました。
正直、ここまで丁寧に教えてくださるとは!!

私のブログを読む方は、
ほぼ100%ハンドメイド作家さんだと思うのですが、
皆さん、
パリのセレクトショップに突撃営業かけるヒントとか、
まさかJETROさん(つまりお国)がタダで教えてくださるとは、ご存知でした?!

日本の展示会にきたパリのバイヤーさんたちが、
素敵な作家さんにお声掛けしても
そのほとんどが実際の取引にまで至らない理由が
作品のせいでも作家のせいでもなく、
単純に貿易実務や、パリの商習慣について知らないからだ、
っていうだけだって、ご存知でした?!

パリのめぼしいセレクトショップのリストまでくれちゃうって
ご存知でした?!

目からうろことはこのことでした。

具体的な方法は書きません。
だって、無料のセミナーを、
JETROさんが、全国各地で開いてくれています。
われこそは世界進出しちゃうぞ、という方は
JETROさんに行ってみて!

えー、こんな小さな事業で笑われないかな。
って心配になるよね。
すごくわかる。わかりすぎるほどわかる。
でも、そんなの、気にしない。
笑う人には笑わせておけばいいのです。

セミナー会場でぐるっと周囲を見渡してみたのですが、
ふと気づきました。
ここにいるたくさんの、まじめにスーツを着たサラリーマン諸氏のお仕事だって、
何ら変わらないんだなあ、って。
自分の会社が作った商品を
(画期的な風呂桶かもしれないし、
あり得ない傘かもないし、
人に言えない大人のおもちゃかもしれないんだけど)

フランスに売るために、
どうしたらフランスの人のライフスタイルに合うかな?
どうしたらフランスのほかの企業の商品より勝てるかな?
価格はどうやって決めたらいいのかな?
送料はどのくらいかかるのかな?
在庫はどのくらい用意したらいいのかな?
どうやってフランスのバイヤーさんに売り込んだらいいのかな?
って。
考えていることは全部、
私たちがハンドメイド市場で日々考えていることと全く同じなんだって。

だとしたら。
同じ努力をするのなら、

日本の国内に向かってする努力も、
フランスとかほかの国に向かってする努力も、
本質は同じ。

ユニクロやスタバがしてる努力も、同じ。
「何を実現したくて」「何に向かって」努力するのかが違うだけ。

目標が決まれば、
あどはどうすればいいのかは、国が教えてくれます。
変なコンサルに何十万も払うのが、
心の底からばかばかしくなりました。

知らないから、お金をとられるのです。
だったら、情報の本筋へ、勉強しに行く行動を取ればいいんだって
そういう意味でも目からうろこでした。
みなさん、無駄金を払う前に、利用できるものは利用しましょう!
JETROさんも、もっと上手に宣伝してよ~(笑)

ということで、私のブログを読んでくれた方には、
有意義な情報になったらいいな、と思います^^







[PR]
# by esperanzaclassic | 2017-09-26 14:12 | エッグシェルモザイク講座 | Comments(0)

7月8日 エッグシェルモザイク®アドバイザーコース1期 準備編

今回のエッグシェルモザイク®アドバイザーコース1期開催については、
開催までに本当にたくさんの方のご協力を頂きました。
開催レポを書く前に、まずは関わって下さった皆様へ心から感謝を。
f0242397_08461066.jpg

開催を決めたものの、場所がない~とFBで呟いたら、
みんながいろいろな情報をわあっと寄せてくれて
みんなのやさしさしみわたる。

「どうぞうちのサロンを使って」と、
お声をかけてくださった、書道のはなみちの高宮先生。
初日にはなんとみんなでいただける差し入れまで用意してくださるお心配り。
「宿泊もOKよ」という驚きのご提案。あまりのありがたさに即決。

開催準備にあたふたしていた数日前。
「うわー、テキストが70ページ越えだ!インクに紙!足りないんじゃない??」
と叫んだら
「そうだろうな、と思って先週補充しといた、ていうかベースは注文したのか?」という夫。
「うわー、ベースが届いた~~~これ全部外して仕分けして金額つけて~~」
とあたふたしているうちに
「いーよ、それやっとくよ」と、
すでに仕訳用のボックスやクリアパックも揃えて背後で待機していた夫・・・
「あのさ、もしかして、エクセルでリストとかつくれちゃったりとか」
「いーよ、やっとくよ、手書きでメモ出しといて。
ていうか、郵送する荷物を入れる段ボール必要でしょ?
押し入れから出しといた&底を補強しておいた」
A型まめまめまめしい夫を持つと、本当に本当に自分がだめになるくらい助かります・・・。

「先生、私のほうで揃えられる材料のリスト、送ります!必要ならご連絡ください」と
先回り先回りで、いろいろなアイデアや気配りを考えてくれる恵理さん。
栃木にいては揃えるのが難しい材料などを手配してくださることに。
「おまかせください。栃木に送るのは二度手間なので、当日私が持っていきますね」
と連絡があり、当日、行ってみたら、
すでに一人分ずつ小分けパックに仕分けされてセットされているというハイパーできるお姉さん!!!
職場でもかなり信頼を集めているのではと思います。すごい・・・。

開催1週間前に予定されていた、大阪オフ会。
FBつながりの友達が3人、幹事に立候補してくれて
私はほぼ何もしないのに、とっても充実した大阪旅行が計画されていたり。
大阪では20名越えのFBつながりの作家さんたちが待っていてくださったり。

開催1週間前に突然連絡が来て決まった新聞取材。
春に小山市の中央図書館で展示をしたときに取材してくださった記者さんが
ずっとエッグシェルモザイクのことを覚えてくださったこと。
そして取材にあたっての正しい心構えや資料の揃え方、種まきの仕方など、
PRのプロの視点で、いつも的確なプロのアドバイスをくださるSさん。
私ひとりのために、小山まで来てくださったこと、忘れません。

長い間懸念だったインクや絵の具の調達。
仕入れって、どこからどうやってやるんだろう?
わからないなら仕方ない。当たって砕けろだわ、と
思い切ってメーカーさんにダイレクトに問い合わせ。
なんとかアポイントを頂けるまでこぎつけて、
ホビーショーでメーカーさんのブースに突撃。

「卵の殻に色を付けたいんです!」
「ほー、当社の絵の具をたまごの殻に。うんうん、それで?」と
にこにこと話を聞いてくださったオジサマ。
絵の具や筆をお土産にもってけもってけと、
孫にお菓子与えるみたいにくださったあの方。
なんと取締役の方でした・・・・。

ベースを作るときも、
毎度毎度データの作り方が悩ましく、
そのたびに親身になって相談にのってくださって、
データを作成してくださるG社の担当さん。

開催3日前。
届いていた絵の具のなかの1色が、お願いしていたものと違っていたというハプニング。
いまからでは間に合わないかもしれない。
でもこの程度のハプニングはどうってことはない。
その昔、50人分の刷り上がったテキストの山の上に、
夫がコーヒーをもってダイビングしたときの、
あの漫画のような惨状を思い出せば本当に軽い(笑)。

まだ3日ある。自分でなんとかしよう。
でも一応お願いしてみようとメーカーさんに相談してみたら、
「わかりました。なんとか前日までにお届けします」
え、本当に前日に届いちゃった絵の具。
すごい、T社!!直前のトラブルにすばやくご対応くださいました担当さん。

そしてその準備の間も、ずっと、
投稿をシェアしてくれたたくさんの友達。

講座は本当にたくさんのたくさんの皆さんの善意の積み重ねで開催することができました。
皆さんが下さった有り余る善意をお返しできているでしょうか。
到底そんな気はしないですが、
すこしでもお返しできるように、
これからも楽しい企画やアイデアを、
みんながワクワクするような未来を、たくさんたくさん考えていこうと思っています。

さて、当日の開催レポは次の記事に続く!

f0242397_08471004.jpg



[PR]
# by esperanzaclassic | 2017-07-19 08:48 | エッグシェルモザイク講座 | Comments(0)

盗作されたときにどうするか~きれいごとと現実について~

少し前の話ですが、とても稀有なことがありました。
ある人から、突然メールを頂いたのです。(詳細は割愛します)
内容は、「あなたの作品を、私の教室の生徒が盗作していたのを知らずに、
それをレッスンして、教室のウェブで発表しまっていたことに気が付いた。大変申し訳ない。」
ということでした。

すこし説明が必要ですよね。
私の本業はステンドグラス工房です。
数年前、私の工房では、主力製品は結婚式の際のウェルカムボードでした。
フルオーダーで、お客様おひとりおひとりに、
唯一の大人エレガントなウェルカムボードを制作していました。
その仕事は大変好評で、普通のウェルカムボードの何倍もする高額商品にもかかわらず
私一人の制作では追い付かないほどのオーダーを頂いていました。

しかし、やがて、ネットに、
私のデザインをそっくりそのまま写した作品が、
全国のあちこちの工房のブログなどで、
その工房のオリジナルとか、生徒さんの作品とかで
発表されるようになりました。
その数はかなり多く、
私もブログに、「盗作はやめてください」と何度も書きましたが、
狭い業界ですので、
実は知り合いの工房などもあって、それ以上のことはできません。
しがし、盗作の勢いは止まらず、そのうちお客様からも苦情が寄せられるように。
そこで、新作の発表をネットで行うことができなくなったのです。
当然、新作の発表ができなくなれば、
徐々に営業活動に支障をきたします。
このままでは、この事業は続けられなくなります。

ここで、選択をしなければならなくなりました。

1、盗作している工房(複数)に1軒づつコンタクトを取り、申し立てる。
2、フルオーダーの新作は非公開にし、セミオーダー商品を新たに作り、工房の顔にする。
  量産することで対抗する。
3、撤退する

みなさんなら、どれを選びますか?

私が選択したのは 3、撤退する です。

オリジナルの制作者が、撤退しなければならないことの是非は、ここには書きません。
私の気持ちがどうあれ、これが現実です。

1 申し立ては、業界の縦横のつながりを考えるとできない
2 量産は、私ひとりが生み出しているオリジナル作品である時点で、できない。セミオーダーの量産は不可能。
3 だから、撤退しかない

結論を出すまで、私ももがきました。
セミオーダーで制作できるデザインを考えて作ってみたり、
HPをわかりやすく魅力的に整えて、新作が発表できなくても
工房の特色がわかるようにしたり、様々な工夫を考えました。

でもどれもが、じりじりと後退しながら戦っている状態なわけです。
幼児二人の育児をしながら、田舎暮らしで、どんなに善戦しようとも、消耗戦です。

そこで数年前、苦労して作ったワードプレスのHPを閉じました。
東京ヒルトンに最後の納品をして、
ウェルカムボードの事業を辞めたのです。

【捨てたら何かが入ってくる】とか、【盗作されるのはあなたの作品が素敵だから】とか、
【そんなことは気にせず、さらに良い作品を作り続けるべき】とか
そんなきれいごとは私はどうでもいいと思っています。

撤退したのは、私が戦えなかったからです。
なんの罪の意識もなく、ただ素敵なデザインをネットで見つけたから
つくってみちゃった、という模倣の群衆に、負けたわけです。

ときどき、ハンドメイドの世界でも、
マネされた、盗作された、という話題が定期的にあがることがありますよね。

そんなとき、
たいていのコンサルさんの収束点は、
「あなたの作品がすてきだからです。
模倣などにとらわれず、さらにいい商品を作り続けることが大切です」というきれいごと。
それだけで済む問題ではないのです。
だから、ハンドメイドのコンサル系の本などは、
まず一番最初に、「マネされたらどうするか」という項目を読んで
そこに、いつものきれいごとが書いてあったら本を閉じてしまうくらいです。

マネした相手がひとりならまだ対処可能でしょう。
自分が頑張って相手を凌駕すればいいのかもしれません。
でも相手が複数になってきて、
広がりをどうにも止めることができなくなることもあるのです。

ハンドメイドビジネスではなく、
もっとビジネスの一般について、より深く勉強しなくてはならないことを痛感しました。
戦略について、もっと考え抜かなければならないことに気が付かされました。

模倣されるのが避けられないのならば
模倣を味方につける方法はないのか。
それをずっと考え続けました。

時は流れ。
私は【源 Gen Glass Jewelry】や
【EGG SHELL MOSAIC®】などいくつかの事業を再び起こして試行錯誤しています。
全く、別の戦い方で。

最近、突然に、冒頭のメールを頂いたのです。
昔あきらめた恋人から、「僕が悪かった」みたいなメールをもらった感じでしょうか(笑)
もうきれいさっぱり未練などありません。
むしろ、すごく大きな問題について、
身をもって教えてもらった貴重な経験だったとさえ思っています。
それでも、生涯こんな謝罪を受けることなんてないと思っていたので
とても驚きつつ、でもやはり嬉しかったのです。

考えてみたら
当時私から異議申し立てをして、謝罪メールを勝ち取ったとしても、
「ふん」って、鼻で吹き飛ばしていたかも(笑)
そのくらい、悔しかった。
ステンドグラスのウェルカムボードの仕事、
本当に好きだったし、いいものを作っている自信があったのです。
帝国ホテルやヒルトンなど、名だたるホテルでの挙式に使ってもらえるようになって、
挙式後に新居を構えたお客様から、
新居へのステンドグラスの注文もいただけるようになってきていた矢先だったから。
たったひとりではじめた工房を、
育児・家事・夫の転勤などに翻弄されながらも続けることの難しさは
言葉で伝えることはできないくらいです。

それでもあきらめがたきものをあきらめ、
受け入れ難き現実を受け入れたから、
今があるのだと思えるくらいには、
時が経ちました。

今更のメールで、かえって良かった。
穏やかな気持ちで受け止め、
今後も穏やかに関係が続けられるように返信することができました。
それが私にとって、何年も後にやってきた小さな勝利だったかもしれません。


f0242397_00492329.jpg
画像は、【エッグシェルモザイク®アドバイザーコース】で制作する作品です。
この新しい表現を生み出せたのも、昔の恋人に振られたからね(笑)

エッグシェルモザイク®アドバイザーコース1期1回は、
7月8日・9日、二日間短期集中講座が開講します。
今回は素敵な方のご厚意で、日本橋にある素敵なプライベートサロンをお借りすることができましたので
広さに余裕があり、あと1~2名様のみの受け入れが可能です。先着順で締め切ります。
募集の詳細はこちらの記事をご覧ください。

エッグシェルモザイクアドバイザーコース1期1回募集について

なお、お申込み、お問い合わせはこちらまで。
E-mail eggshellesperanza7@gmail.com










[PR]
# by esperanzaclassic | 2017-06-20 00:59 | エッグシェルモザイク講座 | Comments(0)

【卵の殻のモザイクアート】生徒さんのご感想リンク集

エッグシェルモザイク講座を受講してくださった生徒さんのご感想を集めました。

【0期3回生 mi-saさん】 
遠く関西方面からご参加くださいました。
講座終了後のご自宅での練習の様子をアップしてくださっています。

【オリエンテーションレッスンの様子】
本講座前に、エッグシェルモザイクってどんなものなのかを
体験してみる講座の様子が、こちらです。

【基礎講座の2日間短期集中レッスンの様子】
基礎講座5レッスンは、2日間短期集中で受けることができます。
その様子はこちらです。


[PR]
# by esperanzaclassic | 2017-06-14 09:22 | エッグシェルモザイク講座 | Comments(0)

【卵の殻のモザイクアート】1次募集は満席となりました【エッグシェルモザイク®アドバイザーコース1期】

本日、【エッグシェルモザイク®アドバイザーコース1期】の1次募集分は満席となりました。
ありがとうございました。
お申込みいただきました皆様には、随時メールでご連絡させていただいております。

なお、2次募集は現在受付中です。
先着順で受け付けます。
定員は若干名。枠が埋まり次第、締め切りになります。

*****************************************
【お申し込み方法】

以下の内容をもれなくご記入の上
①お名前(読みかな)
②メールアドレス
③郵便番号・ご住所
④日中連絡のつく電話番号
⑤生年月日
⑥エッグシェルモザイクをどちらで知りましたか?
⑦いままで経験のある美術工芸ハンドメイド分野は何ですか?
⑧初日夜の夕食はご一緒できますか?

下記メールアドレスまでお申し込みください。
申し込み先Email eggshellesperanza7@gmail.com

なお、お申し込みの前に、必ず以下をお読みください。
講座の募集要項はこちらをご覧ください。
講座受講規約はこちらをご覧ください。

****************************************
★エッグシェルモザイク®アドバイザーコースとは?
本来なら捨てられるはずの「卵の殻」を用いて、
虹色のアクセサリーをつくる新技法「エッグシェルモザイク®」。
その入門から基礎編にあたるのが、アドバイザーコースです。
卵の殻を割ると自然にできる亀裂の美しさを最大限に生かして、
自由に色を差しながら、オリジナルのアクセサリーを作ります。

★どんな作品が作れるの?

アドバイザーコースで制作する作品は5課題です。
その課題の一例です↓



f0242397_08523715.jpg
f0242397_09521184.jpg

初級にあたるアドバイザーコースは短期集中講座で2日間。
(同じ内容を通学で2時間/1回/月2回で習った場合は、
半年以上かかる内容を、2日間に凝縮しています。
そのため、講座終了後にも自宅練習期間が3カ月あります。
自宅練習課題もみっちりあります^^)

たとえばこちらのアルファベット26文字全部!
これも自宅練習課題です。二日間の講座で習った技法で、これが全部作れるようになります。
がんばって!!
f0242397_14343123.jpg
これが完成すると本当に達成感でいっぱい!!


そしてこちらは、認定課題のミニヨット↓
ただ殻を貼るだけではなく、ベースの上にデザインをきれいに描いたりする、
いろいろな技法がミックスされていて、かなりの難易度。
この画像は1期生Nさんの作品です。何度も何度も練習されて、
本当にきれいな作品を提出してくださいました。
f0242397_01460735.jpg

この練習期間を乗り越え、認定課題に合格すると、
最終的にはこんな作品をつくる力がついています。
f0242397_13124793.jpg

また、テキストの中には、同じ技法を使って制作できる、いくつかのデザイン案などもあります。
課題をつくりながら、ふとひらめいたオリジナル作品にチャレンジしてみるのも素敵!

f0242397_14365777.jpg
EGG SHELL MOSAIC® ART & CRAFTのオリジナルベースを使ってできる様々なデザインの一例です。
レシピはテキストに掲載されています。
色を変えたり、組み合わせる素材を変えたり、自由に楽しんでみてください。



★不器用でも大丈夫?

はい、大丈夫です。エッグシェルモザイク®は、始まったばかりのクラフトです。
2日間の講座内では、エッグシェルモザイク®の基礎技法をしっかりと勉強しますが、
それはあくまではじめの一歩です。講座の中でうまくできなくても大丈夫。
f0242397_14163670.jpg
f0242397_13342178.jpg
もちろん、しっかりとレッスンは進めますので、初めての人でもここまでできるようになります。
f0242397_13334609.png
細かい作業も多いです。
必要な方は眼鏡やルーペなどをご持参ください。

講座終了後も、自宅練習サポートとして3カ月の自宅練習期間があり、
むしろこの自宅練習でしっかりと練習すれば、めきめきと上達していきます。

その間、もしわからないことが出て来たら、メールやFBのグループなどで随時アドバイスが受けられます。

また、どうしても直接再指導を受けたいときは、
ネットの動画会議アプリZOOMを使った
オンラインレッスンで、必要なポイントだけを再受講することができます。
(別料金になります)
(スマホ・WIFI・PC要)


★大切なのは、「好き!楽しい!うれしい!」という気持ち

エッグシェルモザイク®アドバイザーコースでは、
まずはエッグシェルモザイクの楽しさ、奥深さを感じて頂くのが最大の目標です。
様々な表現に応用していくための本当の基礎の基礎を学び、
ご自身の一番身近なご家族やご友人と一緒に楽しむことができたり、
会話の糸口になったり、毎日の楽しみになったりするのが目標です。

f0242397_13332123.png
みんなで笑顔あふれる時間と空間をたくさんたくさん共有して
毎日をより充実した日々へ。

皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

[PR]
# by esperanzaclassic | 2017-06-10 12:09 | エッグシェルモザイク講座 | Comments(0)