卵の殻がまるでカラフルな大理石のように大変身する『エッグシェルモザイクR』を独自開発。【アートは人生を楽しむ魔法】をテーマに、身近な素材から驚きの表現を探し出しています。


by uiko shinohara

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

【おしらせ】


■レッスンのご案内■




【エッグシェルモザイク講座】



◆(入門)オリエンテーションレッスン
~エッグシェルモザイクでペンダントトップをつくる体験レッスン~(栃木県小山市)

◆(基礎)アドバイザーコース

~エッグシェルモザイクの作り方の基礎を学ぶ~
(年2~3回募集・土日2日間短期集中コース・栃木県小山市)

【現在準備中です】
◆中級・上級コース




■エッグシェルモザイクに関するご質問・ご連絡はメールにてお願いいたします。
⇒eggshellesperanza7@gmail.com


■ステンドグラスに関するお問い合わせはこちらへ

エスペランサステンドグラス工房&教室ブログ


■リンクについて
当ブログはリンクフリーです。どうぞどんどんリンクしてくださいネ。
コメント欄でご一報いただけると幸いです。


*写真やDMなどは、管理人が制作したもの、および、作者や著作権者に了解を得たもののみ表示させて頂いていますので、無断転載、使用はお断り申し上げます。ご入用の際は管理人までご連絡ください。

【手作り市場 あ~てぃすと】手作り・アート系のサーチ

カテゴリ

全体
ご挨拶/About us
エッグシェルモザイク講座
作品ギャラリー/Works
tetote/How to buy
お客様ご連絡/For Custmer
ラテアート
フュージング/Glass fusing
ガラスが切れたらできること
ステンドグラス
ステンドグラス教室
foiling
楽しいクラフトチャレンジ
オイルペーパー
フレーミングアクセサリー
ステンドグラスブログへ
その他
ビジネス
2013日本ホビーショー
WordPress
アンティークペイント
未分類

記事ランキング

画像一覧

タグ

(79)
(78)
(62)
(60)
(46)
(32)
(30)
(27)
(26)
(20)
(18)
(15)
(13)
(11)
(11)
(10)
(10)
(9)
(9)
(9)

お気に入りブログ

かおる亭
東京都府中市・エスペラン...
お茶の時間にしましょうか...
季節の花々に癒されて
**おやつのお花** ...
幻に魅せられて…
糸巻きパレットガーデン
黒パグ CHAPPYの成...
*花音の調べ*
3姉妹成長記録&手作りの...
デコデコスイーツ ねんど...
素顔のままで・・・
四 番 目 の 猫 Ta...
*Chi-i* hand...

最新のコメント

nendobuさん、あけ..
by esperanzaclassic at 11:47
明けましておめでとうござ..
by nendobu at 08:40
こんばんは。お返事が大変..
by esperanzaclassic at 23:52
2月の大宮でのオリエンテ..
by ちゃば at 15:12
オリエンテーションレッス..
by ちゃば at 11:54
新年明けましておめでとう..
by nendobu at 23:31
nendobuさん、いつ..
by esperanzaclassic at 02:02
御盛況だったのですね~!..
by nendobu at 13:18
nendobuさん~~~..
by esperanzaclassic at 18:52
待ってました!(*^▽^..
by nendobu at 13:14

ブログジャンル

ハンドメイド
アート・デザイン

『なぜ、たまごの殻なの?』にお答えして。

f0242397_09494403.jpg
先日、某セミナーに出席した時
「で、なぜたまごの殻なの?」
と超ストレートに聞かれました。
その質問に対する私の答えは、
「だって、それしかなかったんだもの」でした。

会場にいた皆さんは首を傾げていました。
それしかなかったって・・・?
どういうこと・・・?

それはそうですよね。
だって、世の中には素敵なクラフトや手芸が沢山ありますもの。
手芸好きな皆様なら、きっと色々な分野に興味を持って
自分の作品世界を広げていらっしゃることと思います。
色とりどりのビーズや天然石、素敵なデザインの布地や毛糸。
手芸店には、創作意欲を刺激し、
楽しませてくれる素材が溢れています。

それなのに、なぜ
『たまごの殻』なの?

そう思われる方も多いのではないでしょうか?

私自身も、東京生まれの東京育ち。
周囲に素敵な手芸店や材料店があるのは当たり前。
いつでも好きな時に直接素材を見ながら選べたあの頃は、
たまごの殻をアクセサリーの素材にしようなどとは、
思いもしませんでした。

それが、夫の急な転勤により、突然の田舎暮らしに。
当時、市内には画材店も手芸店もありませんでした。
市内にただ一件、古ぼけた「毛糸」の看板を掲げたお店があったので
おそるおそる門をたたいてみると
すでに何年も前に廃業したお店だったり・・・。

もちろん、ネットで材料を買うこともできます。
でも手芸好きな方ならわかって頂けると思いますが、
直接見て、手触りや色の組み合わせをあーでもないこーでもないと
考えながら買えなければ
なかなか自分の思うような作品は作れなくて。
じゃあ、都心の大型手芸店まで買いに行く?
そんなの無理!
未就園児が2人もいて、全く身動き取れず。
しかも材料費より交通費のほうが高くなるという状態。
八方塞がりです。

私は生まれながらの『作りたい病』です。
いつも何か作っていたい。なんでもいいから、作っていたい。
それが使えるとか使えないとか、売れるとか売れないとか
人から見て素敵かどうか、なんて、
そんなことは二の次の三の次四の次。
とにかく、作っていられれば、心健やかなのです!!

それなのに、作れない。
材料を買うお店すらない。
そんなとき、ふと目についたのが、
台所の三角コーナーの中でちょっと崩れてひび割れた
『たまごの殻』に、しょうゆが染み込んだ模様だったのです。

・・・・これって、綺麗かもしれない。
相当追い詰められていたんだと思いますw
生ごみが綺麗になる可能性があるように、見えるなんて。
でも、思い立ったら吉日。
すぐに、手持ちの絵の具を溶いてたまごの亀裂に落としてみたのが、
全ての始まりでした。


そうして、手持ちの画材を色々と組み合わせ
たまごの殻の美しい自然な亀裂をいかに活かして、
どうやってそこに魅力的な色を施すか、
どうやったら、自分の好きな形に制作できるのか、
どうやったら平面から曲面へ、立体へと進化できるのか、
どうやったら、田舎にいて、材料店もなくて
ネットで誰でも手に入る一般的な画材を取り寄せるだけでできるか
(交通費はあまりに高すぎる!JRさん!)
色々な方法を試行錯誤し続けて、
早5年目です。

今年は下の娘が5歳になります。
エッグシェルモザイクと娘は、実は同い年なんです。
娘を妊娠した時から、
本業のステンドグラスのほうは、出産に備えて限界まで制作ペースを落としました。
ステンドグラスと言うのは、取扱いに気を付けなければならない素材
(ガラスや各種薬品など)が非常に多いのです。
ガラスはとても美しくて、太古の昔から連綿と受け継が得れてきた
とても魅力的な素材・技法ですが
小さな子を生育する家庭で行うのはあまりに難しい。

たとえ幼児を子育て中でも、
安全に楽しく出来るクラフトじゃなくちゃ、
だめなのです。
たとえ田舎にいても
誰にでも手に入る素材で
ワクワク楽しめるクラフトじゃなくちゃ、
私が、困るのです!


こんな具合で、辿り着いたのが、『たまごの殻』なのです。
ほんとうに、
「だって、それしかなかったんだもの」
状態だったのです。
(目の前に海が広がっていれば、シーグラスを拾いに走ったことでしょう。
海もなかった・・・泣)

でも、そのおかげで、今があります。
美しいものを創るには、
巷で売っている、キラキラした美しい材料じゃなくなっていい。
何気ない毎日の中から、美しいものを見つけ出せばいいんだ。
そのことに気が付かせてくれた大切な素材でもあります。

さあ、どうぞ、あなたもご一緒に、
たまごの殻で世界でひとつだけのオリジナルアクセサリーをつくりませんか?

f0242397_09494403.jpg
画像は、エッグシェルモザイク認定講座アドバイザーコース
受講後に認定を受けた方向けの
スペシャルレッスン用に考えている
ミニミニヨットのブローチです^^


[PR]
by esperanzaclassic | 2015-05-11 09:52 | エッグシェルモザイク講座 | Comments(0)