【卵の殻のモザイクアクセサリー】金継ぎの美しさ

f0242397_16455583.jpg


端の処理の拙さにずっと考えていたのですが
卵殻を端ピッタリにカットすることはできるけれど、
やっぱりどうしても部分的に欠けはできてしまう……

おそらくマスキングテープを使って寸法道理に作ればうまくいきそうなのですが
今現在作りためたものをどうしよう、とあれこれためしつつ
ふと思ったのが

そもそも端をきれいにきれいにきっちりすることに意義はあるのか、
それよりも、卵殻モザイクの魅力は、割れとヒビのテクスチュアじゃないのか、
いっそそのクラックを目立たせてしまえばいいのだ、
と逆転の発想で。

そうそう、大切な陶器やグラスが割れてしまったとき、金継ぎという方法で
破片をつなぎ合わせる技法がある、
あれは継ぎだけど、継ぎの美があるんだよね~
と思いつつ、
裏面から側面を塗り、端の処理を金継ぎ風味で仕上げてみました。

アンティーク風が好きな私としては満足な出来上がり♪
この金継ぎ風味、かなり気に入っちゃいました^^

卵殻も金継ぎも、本来は漆工芸の分野らしいと、
やってみてから調べて知りました。

f0242397_16563263.jpg


卵殻のひび・クラックって美しい。
ひびとか、さびとか、濡れた苔とか、古びた紙とか、ガラスの輝きとか、
いろいろな素材の質感そのものに惹かれます。

漆工芸は、やろうとするとちょっと敷居が高いかな……でもいつか体験してみたいです。
ただ、好みとしては、ちょっと和風すぎて。
普段使いできそうな、色合いもカラフルで、かわいいものをつい作ってしまいます。
[PR]
by esperanzaclassic | 2013-03-21 17:10 | 【本講座】エッグシェルモザイク講座 | Comments(0)

卵の殻がまるでカラフルな大理石のように大変身する『エッグシェルモザイクR』を独自開発。身近な素材から驚きの表現を探し出しています。


by uiko shinohara