真夜中のキッチンテーブルから

懐かしい画像から。
初めてエッグシェルモザイクをしてみたころの初期の作品です。
f0242397_20532190.jpg
わはは、つたないですねえ。
色は1色。亀裂の入り方もかなりおおらか、縁の加工もなんて素朴。
どこぞの出土品かと思うくらいの雰囲気です(笑)
不器用とか器用とか、本当に関係ないのがお分かりいただけるでしょうか?
要は、反復練習。ひたすらあきらめないこと。
ただそれだけです。

2013年の作品ですから、
長男が6歳、下の娘が2歳の頃の作品です。
長男の小学校入学説明会で、あちこち動き回ってやんちゃな下の娘を、
体育館中追いかけて、
静かにさせるために抱っこしておんぶして
必死でなだめていたころです・・・(TT)
うう、思い出しても泣けてきます。

当時、制作できるのは夜中の1~2時間だけ。
毎晩、キッチンのダイニングテーブルの上で作業していました。
あれから、かれこれ3~4年。

f0242397_20525352.gif


そしてこちらは先々週のオリエンテーションレッスンで制作したペンダント。
色も混色やグラデーションが楽しめるようになり、
亀裂は比べるべくもないほど複雑になり
レジンで奥行きが出て、キラキラつやつやに。

なにより、
習いたいと、遠くから足を運んでくださる方がいらっしゃる。
作品を、欲しいと言って下さる方がいらっしゃる。

先月のホビーショーで初めてご覧いただいた方からも、
「卵の殻でこれほど素敵なものが作れるのかと感激しました」
と、うれしいお言葉を頂きました。

真夜中のキッチンテーブルから、
オリジナリティを追求した新しいクラフトの世界へ。
どんなに時間がかかってもいいのです。
いつかきっと、「あの時あきらめないで良かったなあ」と
懐かしく振り返る日がくるから。
*************************

【エッグシェルモザイク認定講座】
アドバイザーコース0期3回の募集について

次回アドバイザーコースは、
7月9日(土)10日(日)の二日間の開催予定です。
気になっている方は、ご予定を確認してみてくださいネ。

◆募集開始は6月18日(土)の午後10時より◆
エッグシェルモザイクESPERANZA
公式ホームページ内に
申し込み専用フォームが開きます。

公式ホームページはこちら

募集枠は、先着5名様までです

*************************




[PR]
by esperanzaclassic | 2016-06-10 09:00 | 【本講座】エッグシェルモザイク講座 | Comments(0)

卵の殻がまるでカラフルな大理石のように大変身する『エッグシェルモザイクR』を独自開発。身近な素材から驚きの表現を探し出しています。


by uiko shinohara