みんなで楽しむ時間こそが、プライスレス

二十歳のころ弓道をしていました。
弓道には「正射必中」という教えがあります。
的を射ようとしてはいけない。
すべてのことを正しく行えば、矢は的に自然と「当たる」ものだ、という教えです。
この考え方が、好きです。
ときどき、変に焦っていたり、卑怯な心が湧きそうになると
「正射必中」の教えを思い出すようにしています。

多くの場合、何かを変えようとしたり、
何かを成し遂げようとすると、
行うことはとってもとってもとーっても、地味です。

エッグシェルモザイクも、地味ったらない、究極にジミーな作業です。
エッグシェルモザイク認定講座にお問い合わせをいただく中には、
「売れっ子になりたい」「利益を上げたい」という目的の方も多々います。

エッグシェルモザイクはまだ始まったばかりのクラフトですし、
アクセサリーから、ペーパークラフト、ウェディング小物まで、
いろいろな分野に応用がきく、無限の可能性があるものです。
たまごの殻という素材から、こんなものができるのか、という目にも新しい要素もある。
だからこそ、そう思われるのかもしれません。

そのお気持ちは否定しません。わかります。だれだってそうです。
だれだって、「的」を前にして、魅力的な「矢」を持ったら、
「的を当てたい」と思うものです。

でも、そこで考えなければならない、たった一つのコト。
「光をあてるべきは、お客様で、自分ではない」ということ。
「矢」は、「当てる」ものではなく、
「自然と当たる」ものだということです。

ちょっとここに、今までエッグシェルモザイク認定講座を受講して下さった方の
感想を書きますね。
*************************************

★全部たのしかったですが、やはり、殻を貼るところと、色を付けるところは、
「こんな風にやるのか!」と、エッグシェルモザイクでしか体験できないこと
だったので、凄く楽しかったです。
★一緒に参加される人と打ち解けられるか不安だったし、進むのが遅くなって
足をひっぱってしまわないか心配でしたが、実際に参加者のみなさんは
とても素敵な方々で、本当に楽しくレッスンができました。
内容はやっぱり難しかったけれど、そんなにおくれることなくできました。
★この講習に参加して、エッグシェルモザイクの魅力にはまってしまいました。
できればこのメンバーで次の上級のレッスンも受けたいです。
アクセサリーもかわいいけれど、少し大きな作品も作ってみたいと思いました。
★すごく楽しかったのですが、卵の殻をパキパキするところや
色付けが特に楽しかったです。
個性の出る工程でしたので、ほかの人の作品を見ても、
「こんなに(出来上がりが)違うのかー!!」と実感。
形になってくるとワクワクしました。
★他の認定講座と違って、すべてが未知の世界、な状態でしたので、
実物も見ていなかったので、作ってはみたいけれど、
できるかできないか、こんな何も経験のない私でいいのかが不安でした。
(きっと私のように思っている人は多いはず!)
実際に受けてみると、先生がすごくていねいに優しく、
ちょこちょこ覗きに来てくれたので、質問がききやすくて、
安心して制作にはげめました。
教室の雰囲気がすごく好きです。少人数でしたのでそこがよかった!!

*************************************
すごく楽しんでくださっているご様子がとてもうれしいです。

講座を開催するとき、私がいつも考えるのは、ただ一つです。
「主役は生徒さん」だということ。

主役は、私ではないし、エッグシェルモザイクでもない。
光が当たるべきは生徒さん。
人生の中で最高に楽しかった思い出の一つとして
いつまでも覚えていて下さるような、
そんな時間をつくること。

そんな時間が作れるなら、正直に言って、何を題材にしようといいと思います。
毛糸でも布でも紙でも粘土でもレジンでも。
何もエッグシェルモザイクでなくったって。
そして、そのための過程はとーっても、地味です。
日々の作品づくり、アップ、説明、工程の研究、お問い合わせへの対応etcetc...

でもすべての地味な要素が上手に組み合わさって、
その先に、的が現れ、矢は自然と放たれるのだと思います。

「どうやったら売れるようになりますか」というご質問も、時々受けます。

が、最初に「売れるようになる」ことを考えるのではなく、
(「的を当てる」ことを考えるのではなく)
その前の、100個の地味な作業を、心から好きになること。
(経理だけは、いまだに心から好きになれずにいますが・・・)

私はモノづくりが大好きです。
作っていないと、自分の人生を歩んでいない気がするほど好きです。
そして、一人でつくるのもすきですが、みんなでつくるのはもっと好きです。
みんなで楽しむ時間を「つくる」ことも、もっと好きです。
発信することは、みんなでムーブメントを「つくる」こと。
これはさらに好きです(ここ、大事♥)

好きなことを仕事にする、という言葉を最近よく耳にします。
私は、「好きなことをコツコツ続けていくと、(結果的に)仕事になる」
と言うほうが好きです。

それは、自分に強引にスポットライトを当てて、
有名になって「成功」して、
華々しくセミナーとかお茶会とかを開催したりするのとは、
なにか違うんじゃないかと思うのです。

逆説的なようですが、自分の人生を豊かに、楽しくしたいと思ったら、
自分ではなく、目の前の相手の時間を大切に、
楽しく豊かなものにすることを考えるのが最善の道ではないかと思うのです。

できることならそのために、エッグシェルモザイクを利用していただきたい。
あなたの人生が、あなたと関わることになる家族やお友達やお客様に
楽しんでもらうことで、輝くようになりますように。
f0242397_11043216.jpg

みんなで、楽しむ時間こそが、プライスレス。



[PR]
by esperanzaclassic | 2016-06-16 11:05 | 【本講座】エッグシェルモザイク講座 | Comments(0)

卵の殻がまるでカラフルな大理石のように大変身する『エッグシェルモザイクR』を独自開発。身近な素材から驚きの表現を探し出しています。


by uiko shinohara