【卵の殻のモザイクアート】2017年カレンダーのご予約についてのお知らせ

【2017年カレンダーご予約について】

今年も残すところあと2か月(えええ、早すぎる!!)

ことしも、エッグシェルモザイクエスペランサ
&源 Gen Glass Jewelry合同の
2017年卓上カレンダーを制作したいと思います。

予約販売になります。1部定価1500円。
今日から11月30日までの先行ご予約特典で1300円。
それ以降は、1部1500円になります。
また、年内12月31日までにご予約いただきました皆様に、
もれなく
オリジナルポストカード2枚がセットでプラスになります。

ご予約はこちらまでメールでご一報くださいネ。

eggshellesperanza7@gmail.com
「2017年カレンダー希望」
お名前と郵便番号、ご住所、ご希望部数をお知らせください。

f0242397_13191405.jpg

f0242397_13222108.jpg


f0242397_13231764.jpg

f0242397_13140625.jpg
今年も沢山制作しました~^^
全部で12枚、選びきれるかな?
それにしても、

エッグシェルモザイクエスペランサ&源Gen Glass Jewelryって、
ブランド名が長すぎるよね・・・!

しかも、私が作っているものって、
ガラスやエッグシェルモザイクだけじゃなくて
編み物もするし、ペイントもするし、
お洋服ソーイングだけはしないけど
(したいけど、恐ろしくて手を出せていないだけ。
実は手縫いならスカートとか縫ってます笑)
がま口も作ったし
本業はステンドグラスだし
はやくポリマークレイがやりたくてうずうずしてるし(笑)
家で何かを作ることに関しては
全く垣根なくなんでもやるわけなのです。

私の活動をあまりよく知らない人からは、

「え?あのガラスの粒も作ってるの?え?卵の殻だけじゃなくて?」
とか、その逆に、「え、ガラスだけじゃなくて卵の殻も?」
って聞かれることもあり、大混乱。

大丈夫、気にしないでください。
ほんと、なんでもやるのです。

ブランディング的には、
「どれかひとつに集中しなさい」っていうのがセオリーなのですが
セオリーなんて知ったことじゃないのです。
やりたことを、やりたいときに。

でも、あちこちいっぱいHPやらFacebookページやらがあると、
たしかに、第三者から見たらわかりにくいかな・・・。

私の活動を一つにまとめると、
つまりはこういうことかと思います。

f0242397_13371092.gif
ういこのおうちでクラフト研究室。
家で楽しめるクラフトならなんでも研究しちゃう場所。
みんなでそれを楽しむ場所。


これで、活動のまとめをしたページも作ろうっと。


*******************************
【インフォメーション】
※初めての方へのリンク集
(公式HP/Facebookページ/Youtube作品動画)
※最新スケジュール
※お客様の感想&レビュー一覧
※作品レビュー
*******************************
【ネットショップ】(作品のご購入はこちらから)
・作品のネットショップ販売はこちら
・オーダーのお申し込みはこちら
*******************************
【レッスン】
※レッスンメニュー(学びたい方はこちらです)
【エッグシェルモザイク®基礎講座】
・はじめてのエッグシェルモザイクでペンダントトップを作る(入門)
・アドバイザーコース(5レッスン)
  対面レッスン(2日間短期集中講座)
  WEBレッスン(スクーリング要)

【エッグシェルモザイク®中級講座】
・オリジナルベース制作レッスン
  WEBレッスン(スクーリング要)

【エッグシェルモザイク®上級講座】
・インテリア雑貨制作
・ウェディングウェルカムボード制作
  WEBレッスン(スクーリング要)

【受講生の感想一覧】
・これまでの受講生の感想はこちらへ

*****************************
【イベント・教室開催依頼のご案内】
・イベントや教室(レッスン)の開催以来はこちら


*****************************
【お問い合わせ】
※その他のお問い合わせ・取材依頼はこちらから
*****************************






[PR]
by esperanzaclassic | 2016-10-05 13:46 | 【本講座】エッグシェルモザイク講座 | Comments(0)

卵の殻がまるでカラフルな大理石のように大変身する『エッグシェルモザイクR』を独自開発。身近な素材から驚きの表現を探し出しています。


by uiko shinohara