なんと豆本ときたよ【インストラクターコース課題】

インストラクターコースでも、「再提出」があります。
前回の課題「レインボークラック」ですが、

とても丁寧にできているけれど、
もう少し卵の亀裂の自然な美しさを生かした貼り方にしましょう、
という理由で新作4~5作品を再提出。
(厳しくってごめん💦)と内心心配していましたが、
さすがインストラクターコースにまで進んでくれている生徒さん。
1週間後、予想の斜め上を行く作品が届きました。

なんと豆本です!

f0242397_23424723.jpg
うわあ、かわいっ!

エッグシェルモザイクは本当になんにでも応用ができるので
何を作るかは、制作者の発想次第。
こちらの豆本は、表は茶色の殻のレインボークラック、
裏は白い殻のレインボークラックという凝りよう。
背は黒革でまとめています。
f0242397_23435545.jpg
f0242397_23440479.jpg
f0242397_23431965.jpg

レッスンをはじめて本当に良かったと思うのは、
こうして生徒さんのいろいろな表現を見せて頂けることです。

生徒さんが、丁寧に技法を習得して、
こつこつと新しい分野の作品に応用してくれるので
横へ横へ、いろいろな分野へと広く広げてくださるのです。
インストラクターコースではすべての課題はご自身のオリジナルデザインでの提出になるので
それまでの様々な経験を総動員して自由に制作していただいています。

この豆本以外にも

f0242397_00111630.jpg
雲のブローチや

f0242397_00114533.jpg

教会の形のベースを利用したクリスマスインテリアなどなど。

こんな感じで自由な発想でオリジナルを徹底的に制作していただくと、
インストラクターコースを卒業したとき、
自然にご自身のオリジナルレッスンをひらく下準備が出来上がります。


普通の手芸の講座を卒業しても、
すぐにレッスンを開いたり作家として活動したりするのが難しい理由の一つが、これだと思います。
課題作品を提出しさえすれば合格できるとしても、卒業した時点で、自身のオリジナルは一切ないわけです。
ただ単に技法を習得しただけ。
さあ、いまから自分のお教室のためのオリジナル作品を考えなきゃ、という状況なわけです。
そこからひとりで頑張らなきゃならないから大変ですよね(;´・ω・)
オリジナルを考えるのって、本当に胆力がいるので・・・!

この豆本も、もっと突き詰めれば、エッグシェルで素敵なことがたくさんできるはず!
期待しています^^

===============================================
f0242397_14004935.jpg
【エッグシェルモザイクは
日本初・日本発の新しいクラフトです】

卵の殻を様々に工夫して、虹色のモザイクを作り上げるこの技法は、
当ブログの管理人が独自開発しました。
日本初の新しいクラフトです。

【エッグシェルモザイク®は商標登録されています】

エッグシェルモザイク®/EGG SHELL MOSAIC®は、
この技法を習得し、エッグシェルモザイクインストラクターの資格を取得した
作家・認定講師のための登録商標です。

登録第5714355号・登録第6000233号 特許庁

【エッグシェルモザイク認定講座は2段階です】

基礎を学び、生活の中で制作をたのしむためのアドバイザーコース
作家・講師として活動するためのインストラクターコース
のふたつのコースがあります。

アドバイザーコースは年に1~2回
東京都内プライベートサロンにて開催
(二日間短期集中講座)

インストラクターコースは
ネット同時会議アプリ「ZOOM」を使って
オンラインで開催
(1年間コース)

【お問い合わせはメールにて】

E-mail eggshellesperanza7@gmail.com

【講座やイベントの最新情報はLINE@にご登録が便利】
f0242397_14240836.jpg

【日々の活動の様子はFACEBOOKページへ】
f0242397_13383541.jpg

【作品集はInstagramへ】






[PR]
by esperanzaclassic | 2017-12-13 08:30 | 【本講座】エッグシェルモザイク講座 | Comments(0)

卵の殻がまるでカラフルな大理石のように大変身する『エッグシェルモザイクR』を独自開発。身近な素材から驚きの表現を探し出しています。


by uiko shinohara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31