【生徒さんからの質問】「写真がうまく撮れません・・・!」作品のネット販売には必須。最も効果的に写真が良くなるポイントをひとつだけ。

「写真がうまく撮れません・・・!」という生徒さんからのご相談。
ご相談を受けたときは、夜だったので、
生徒さんの写真をトリミングと少し補正をしてお渡ししました。

写真がなかなかうまく撮れないとき。
いろいろ原因も注意すべき点もあるのですが、
注意することが沢山あると、かえって混乱してしまうので、
最も効果的に写真が良くなるポイントをひとつだけお伝えしました。

それは構図です。

今日は3月8日ミモザの日なので、ミモザのボタニカルフレームのブローチを例に、
3つ、構図を変えて撮影したものを解説してみます。

f0242397_11284025.jpg
まずは1枚目。
これは、左手前から右奥へ、流れるような奥行き感を意識してレイアウト。
メインとなる作品が丸いこと、
リボンで流れるような曲線を出せること、
ミモザの花も花束風になっているので、
全体として画面の中で時計回りの回転と、
下に引いた英字の方向が右奥へ、なので、

f0242397_11315143.jpg
こんな感じの流れが画面の中で見えるように配置しています。

風とか、動きが感じられる構図です。

次は、俯瞰の構図。
こちらは空から物をみている感じです。

f0242397_11341346.jpg
下に引いた英字も横にまっすぐにして、動きを止めています。
このブローチは一つですが、
同じものが複数個ある場合、
綺麗に並べて俯瞰で撮影したりすると、画面にリズム感が出たりもします。


この、上記二つの撮り方は、「モノを撮影する」ことを主目的として、
正方形の画面の中で世界が完結するようにレイアウトしています。

それに対して、
「風景や人物を撮影する」ような目線で撮影すると、こんな感じになります。
f0242397_11363123.jpg
この写真の場合、もちろん、主役は左手前のミモザのブローチなのですが
奥の景色が、画面の左右にもずっと拡がっていることをイメージさせるので、
モノそのものよりも、モノが存在する場所、世界の空気感のほうが訴えかけてきています。


二つの撮り方は、それぞれ用途が違います。

最初の二つの撮り方は、「モノそのものを見せる場合」に用います。
三枚目の撮り方は、「作品の使用方法を見せる場合」に用います。

おしゃれなネットショップなどを見てみると、
両方の写真が、それぞれの解説とともに並んでいると思います。

作品そのものをじっくり見た場合の写真には、
素材や色の説明、こだわりポイントの説明などが、
風景や人物をからめた写真には、
それを身に着けてみたときの感じがわかる説明などがついています。
作品のネット販売には両方が必要です。

構図は、意識しないでいると、
ついつい自分の得意な構図ばかりを撮影してしまうので、

「モノ撮り」が得意な人は、構図がいつも近視眼的になりがちに。
作品を外に持っていって、風景と一緒に撮影したり、
モデルさんに身に着けてもらって撮影したりする練習をするといいですし、

「風景撮り」が得意な人は、作品をつい風景と合わせて撮影してしまって
背景の雰囲気でなんとなくいい感じにごまかしてしまうことが多くなりがち。
背景やその場の雰囲気に頼らず、
作品そのものの最も魅力的な部分を、
一枚の構図の中に効果的に見せる練習をするといいと思います。

どちらにしても、
「何を目的に」「第三者が見たときに「どう」見えてほしいのか」を明確にすると、構図はさくっと決まります。


================================================
【次のアドバイザーコース(初級)の募集は、5月下旬ごろに募集を予定しています】

エッグシェルモザイク認定講座は、
初心者~初級、全く初めての方のための「アドバイザーコース」
中上級で作家活動や講師活動を目指す方のための「インストラクターコース」
活動の差別化を目指す方のための「マスターコース」
の3コースに分かれています。

募集は、年に1~2回程度のみで、
次のアドバイザーコース(初級)の募集は、
5月下旬ごろに募集を予定しています。

先行募集をLINE@で行いますので、
興味のある方はこちらからご登録をお願いいたします。

f0242397_08375257.gif
f0242397_08381334.jpg
====================================================
【第42回2018ホビーショー出展のおしらせ】MAKERS セレクションコーナーに出展します。

2018年4月26日(木)27日(金)28日(土)の3日間、
アジア最大級のホビー関連の展示会であるホビーショーに出展します。
今回は、主催である日本ホビー協会の推薦枠である、
MAKERS セレクションのコーナーへの出展になります。

【ワークショップのお知らせ/第42回2018ホビーショー】
「幸せを運ぶ四つ葉のクローバーの種入りオリジナルフレームで、
緑を育てる虹色のアクセサリーをつくろう」

エッグシェルモザイク®アート&クラフトは、あすなろ手芸店さんの協賛で
ワークショップを開催します。

f0242397_08483728.jpg
日本の森を守るあすなろフレームと、エッグシェルモザイクがコラボ。
今回のワークショップ用に開発されたオリジナルの四つ葉フレームの中には、
幸せを運ぶ四つ葉のクローバーの種入り。
フレームに刻まれたロマンティックな文字は、
LOVE&HOPE(愛と希望)
HONEST(正直さ)
INTEGRITY(誠実さ)
WELFARE(思いやり・気遣い)
エシカルなハンドメイドが目指す心を表しています。

WEB予約についての詳細はLINE@にて先行配信いたします。
毎年、ホビーショーでのワークショップはかなりの激戦が予想されますので、
見逃されたくない方はぜひご登録をお願いいたします。

=================================================
f0242397_14004935.jpg
【エッグシェルモザイクは
日本初・日本発の新しいクラフトです】

卵の殻を様々に工夫して、虹色のモザイクを作り上げるこの技法は、
当ブログの管理人が独自開発しました。
日本初の新しいクラフトです。

【エッグシェルモザイク®は商標登録されています】

エッグシェルモザイク®/EGG SHELL MOSAIC®は、
この技法を習得し、エッグシェルモザイクインストラクターの資格を取得した
作家・認定講師のための登録商標です。

登録第5714355号・登録第6000233号 特許庁

【エッグシェルモザイク認定講座は2段階です】

基礎を学び、生活の中で制作をたのしむためのアドバイザーコース
作家・講師として活動するためのインストラクターコース
のふたつのコースがあります。

アドバイザーコースは年に1~2回
東京都内プライベートサロンにて開催
(二日間短期集中講座)

インストラクターコースは
ネット同時会議アプリ「ZOOM」を使って
オンラインで開催
(1年間コース)

【お問い合わせはメールにて】

E-mail eggshellesperanza7@gmail.com

【講座やイベントの最新情報はLINE@にご登録が便利】
f0242397_14240836.jpg

【日々の活動の様子はFACEBOOKページへ】
f0242397_13383541.jpg

【作品集はInstagramへ】


[PR]
by esperanzaclassic | 2018-03-08 11:59 | 【本講座】エッグシェルモザイク講座 | Comments(0)

卵の殻がまるでカラフルな大理石のように大変身する『エッグシェルモザイクR』を独自開発。身近な素材から驚きの表現を探し出しています。


by uiko shinohara