「資格を取っても、独立出来ない問題」を、私なりに解決してみた。エッグシェルモザイクインストラクターコース

実は、ブログではいままで一切触れていない、
謎の「インストラクターコース」について。
このインストラクターコース、他の資格講座とは決定的に違うポイントがあります。
それは「資格を取ることを通して、独立できる準備が整う」という点です。

f0242397_01103126.jpg
(やると決めたらやりぬくのだ)
**********************************************
エッグシェルモザイクのレッスンプログラムを作るにあたり、
この技法は私がゼロからオリジナル開発したものなので、
技法のガイドラインとなる指標を創らなくてはならないのはわかっていました。

そこで、世の中にすでにたくさんある様々なハンドメイド系の資格コースを研究しました。
資格を取って独立開業してうまくいっている人を探したのですが、
正直言って、うまくいかなかった人のほうが圧倒的多数。
なんてこと。
うまくいかなかった人の大半が、
うまくいかなかった理由を、「協会の上層部が利益を吸い取っているから」って思っているらしい。
うーん。なんでだ・・・。

協会というのは、本当は、作家や講師をしようとする人をバックアップするための団体で、
みんなの活動を不当に制限しようともしていないし
できることならどんどん会員には活躍してもらいたいと思っている。
正直言ってそんなに儲かる業態でもないし、
手間ばかりかかるし本当に大変。
ちゃんと計算してみて、考えてみればわかる。

でも、講座自体が何万円もするから、
払うほうからしたら、「たくさん払ってるのに!」って感じるんだね。
分割してみよう。
ひとつの技法を習うのに、そんなに不当な金額を設定している協会ってあまりない。
認定料とか維持費関連も、
事務局を運営するのに細々した経費が本当にかかる。
みんなが正しく平等に技法を習得するために、
技法のスタンダードを決めテキストを作り、決め事を作り、仕組みを作るのが
どれほど大変なことか。

でも、それは会員には伝わっていないのが実情みたい。
一体なにが、こんなにも、団体と会員の間の深くて長い無理解の溝になっているのかな
と不思議に思い、さらに考えてみました。

やがてわかってきたシンプルかつ最大の問題がこれ。
「資格をとっても、独立できない問題」
理由はいろいろあるけどね・・・
f0242397_01120759.jpg

独立できないのです。なぜって、独立の仕方がわからないから。
作家になって販売してみても売れないし、
講師になって生徒募集してみても集まらない。

協会側もわかっている。
だから、一部のやる気とセンスのある先生方をなんとか盛り立てて、
スポットライトをあてて、華やかなパーティとかしちゃったりしてね。
活躍した先生を表彰してみたりしてね。
「がんばればあなたもあの先生みたいになれるんですよ」って、
その他大多数の会員にメッセージを送る。

え、でもちょっと待ってよ。「憧れ」って、なんだっけ・・・・???
そんな風に、上から押し付けられるものだっけ???
f0242397_01133108.jpg

いや、それ、間違ってるし。
たぶん絶対的に間違っているよね。

いかにも競争社会で戦ってきた男性サラリーマン諸氏が考えそうな、
えげつないメッセージだなあって思う。
それで女性たちが奮起すると本気で思っているんだろうか。

女性はね、人と比べられるのは嫌いなのよ。
誰かが自分の頭上に立って、優越感を振りかざされるのは大嫌いな生き物なの。

ほとんどの女性は競争がしたいんじゃない。
誰かと比べられて、無理矢理走らされるなんてまっぴらごめんなのよ。

女性は、自分の人生を納得のいくものにしたいだけ。
昨日より今日を、ちょっと素敵にしたいだけ。
好きなものが似ている友達と一緒に楽しみたいだけ。
そのために自分が稼いだ、独立した収入が欲しいだけ。
その収入だって、誰かと競うんじゃなくて、
仲間と協力して得たいの。

そんなにたくさんはいらないの。
億万長者になりたいんじゃない。

今月の売り上げ目標だなんて考えたくないのよ。
商品を50個うらなくちゃ目標に達しないとして、
45個売れたら、
「ま、いっか」って思うのよ。
あと5個必死に売ろうとなんて思わない。
それよりも、子供と遊んで、ゆっくり眠って
美容に気を使って、恋人とデートして
今月は美容院でカラーリングするのをちょっと我慢しても
足りなかった分は来月またがんばろうって思えるほうを選ぶのだ。

「甘い。これはビジネスだぞ」
っていう言葉が、私は大嫌い。
誰かの「ビジネスとはなんぞや」っていう、
手垢のついた古臭い定義で走らされるのは、心底嫌いです。

だって昨日まで正しかったものが、
明日には変わってしまう世の中なのよ?

そうだよね。だれも、卵の殻のヒビが、価値あるものになるなんて、
思ってなかったと思うんだよね。

世界中で、この技法が習えるのは、ここだけなの。

だから、エッグシェルモザイクを、今までと同じような問題だらけの協会システムでつくるわけにはいかない、とずっと思っていて。

どこか、誰かが新しいやり方を知っているんじゃないか、答えを教えてくれるんじゃないか、と、私も色々な人に話を聞きに行きました。
が、誰も答えなんて知らなかったのです。

結局、私が、生徒さんたちと一緒に創り出すしかないことに気づいて、腹をくくりました。


f0242397_01160831.jpg
(インストラクターコース 朝倉恵理さんの代表作のブレスレット。
すぐにオーダーが入って嬉しい悲鳴)



私なりに解決策を考えてみたのです。
「資格を取っても、独立出来ない問題」について。
そこを解決すればいいのだから。

さようなら、男性脳的資本主義。
こんにちは、女性脳的資本主義、よ。

エッグシェルモザイクのインストラクターコースでは、
そのための仕組みを、ひたすら考え抜いて準備しました。
どんな仕組みなのかは、企業秘密です!
仕組みさえも、オリジナル。


そして、今年はじめて兵庫県加古川市で誕生したインストラクター
笹部奈美先生の体験レッスンは、3000円台というしっかりとしたお値段で
「満席☆彡」に。

現在インストラクターコースを受講中のみなさんのアンケートを一部ご紹介したいと思います。

******************************************************

「講座の提出物を戻していただく際に、その都度、
個人の強み・良い点・悪い点・方向性の例etcを誘導していただけるようなお手紙を添えて頂けるので、
その積み重ねによって技術やデザインの自分の向かっていくべき方向がみえてくるようなご指導が嬉しかったです。
技法を学べるのはむろんのことなのですが、
技術の講義のみで終わりがちな(他の)資格取得講座と違って、
卒業後の自分のビジョンが見えるようになる指導までを行ってくださるのは初めてでした。
オリジナルの方向が見えることで、デザインや色遣いなど「こんな感じにつくりたい」というプランが立てやすく、
以前のように、習ったことをそのままそれだけを繰り返し作るような単調なパターンはなくなりました。」

「はじめはライフワークになればと思っていたのですが、インストラクターコースを受講したことで、
更にエッグシェルモザイクにはまり、すこしずつ自分なりの作品が作れるようになると、
もやっとしていた未来像が具体的になってきました。
そして現実に活動するために「何を準備したらいいのか、どう進めていけばいいのか」
そこまでカリキュラムの中で指導していただける。
不安を最小限にして卒業できる。
インストラクターコースを卒業時には、心の準備も独り立ちの準備もできているってすごいです。
感謝しかないです。ありがとうございます。」

「はじめは趣味だったハンドメイドが、エッグシェルモザイクと出会い
だんだんと人生の中でかけがえのないものになっていきました。
課題10作品は、技法によってはとても苦労しました。
しかし、それを続けてきたことで、オリジナル作品を生み出す力が付きました。
また、試行錯誤しながら、問題を解決してく力もつきました。
アドバイザーの時の作品と比べると、出来が全然違っていて自分でも驚くほどです。

自分の得意なこと、強みをより理解してくことができました。
そしてその強みを生かし、より自分らしい自分にしかできない作品の追求にもつながっていきました。
また、作品作り以外にも、苦手な広報やチラシ作り、ワークショップの計画実行、教室の運営に至るまで、
将来自立したときに必要になるスキルもだんだんと身に着けることができました。
この経験を積んだか積んでいないかは大きい差だと感じています」

******************************************************

人を変えるのは学びではない。
学んだだけでは何も変わらない。

ういこ先生は優しい声でスパルタ~~って言われていますが、
うん、私はスパルタですが(否定しない)
生徒さんが納得できない道を無理に歩かせるような
ブラックスパルタとは対極の、ホワイトなスパルタね。

インストラクターコースは、このようなわけで、
「資格を取ることを通して、独立できる準備が心身ともに整うから、
絶対に独立してもらうからね」という、
圧力の高い、めちゃくちゃ大変なコースになっています。
えっへん。
優しいコースにする気はさらさらありません、あしからず。


[PR]
by esperanzaclassic | 2018-11-02 01:50 | 【本講座】エッグシェルモザイク講座 | Comments(0)

卵の殻がまるでカラフルな大理石のように大変身する『エッグシェルモザイクR』を独自開発。身近な素材から驚きの表現を探し出しています。


by uiko shinohara